こんにちは。

 

中国語コーチの笠島稚子です。

 

 

さて、多くの方が中国語スクールや

オンラインでレッスンを受けているのに、

全然中国語を話せるようにならないと

悩み続けています。

 

先日の体験セッションでは、

どうやって中国語スクールで

教えているのか、

 

私もヒアリングさせて頂きましたが、

 

残念ながら、

多くの中国語に触れてもらうだけの、

言わば中国語に慣れさせるための、

レッスンをしている所が多く、

 

そこには、

 

中国語が話せるようになるための

メソッドが一切ないと感じました。

 

それでは、

いつまで経っても、

生徒さんがいくらどんなに頑張っても

話せるようにはならないです。

 

つまり、

教えている側に

責任があるのです。

 

「いくらやっても結果が出ないので、

精神的に苦しかった時もありました。。」と

 

ある生徒さんはこっそり私に

教えてくれましたが、

 

やっぱりその生徒さん自身が

話せないと、聞き取れないと、

 

いくらやっても楽しくないし、

つまらない!!!

 

だから、

 

私は

「中国語で日記を書くこと」を

オススメしています。

 

===================

結局人は【自分】にしか興味がない。

===================

 

つまり、自分が興味があるもの

自分と関係のあるもの以外は

いくらやっても身にならないのです。

 

新しい単語をいくら覚えても、

新しい文法事項を言われても、

 

結局使うのは【自分】ですから、

興味がないものは勉強したことに

すらならないのです。

 

でも「日記」であれば、

まずは自分のアタマを使い、

自分の体験や思ったことを

中国語で書く作業をしていく訳ですから、

 

そこに含まれる、

単語や文法は、

まさに自分の血肉になっていきます。

 

だから絶対に忘れない!!!ですし、

そこで覚えた表現は「また使おう」と

思うのです。

 

とは言っても、

 

日記を書くのは、

中級以上の方に効果があると

考えています。

 

ですので、

 

もし更に話せるようになりたい

自分らしい言葉で表現したいと

思うのであれば、

 

まずは基礎をしっかり固めた上で、

日記にチャレンジしてみてください。

 

中国語であなたらしい人生を

語れるようになるといいですね♫

 

 

それでは、今日も最後まで

ありがとうございました!