こんにちは。

 

中国語コーチの笠島稚子です。

 

 

さて、

中国語学習って今までのやり方だと、

テキストを読み、問題を解き、

それで「おしまい」という所が

殆どだったのではないでしょうか?

 

確かに、

 

それでインプット(知識)が定着したか

どうかの確認は出来るとは思います。

 

でも、

 

中国語を学んで終わりって、

極論を言えば、学んだ意味が

全くないと思うんですよね。

 

中国語を学んだからには、

実際に使ってみる!という

ことが本当に大事だと思うんです。

 

実際のところ、

知識をインプットしたものを

定着させていくには、

 

自分で実際に使ってみたり、

それを人に教えてみたり、

ということをしなければ

アッという間に人は忘れてしまいます。

 

だから、

 

実践で使う前の「試合の場」、

「トライする場」が絶対的に必要なんですね^^

 

今日お伝えしようとしている、

 

中国語力には

【メンタルが必要】と言う理由も、

 

ただ先生と学ぶだけなら、

 

ネイティブから何か言われて

全く意味が分からず一人凹んだり、

 

ネイティブから険しい顔をされて、

一人傷ついたりしなくてもいいので、

 

ある意味、

「安心・安全の世界」にいる訳なんですね。

 

でも、

 

それでは人は成長しない。

 

中国語学習においては、

いつまで経っても話せるようには

ならないのです。

 

だからこそ、

 

トライ&エラーを繰り返す中で、

凹んだり傷ついたりしても

自分で立ち直り、それでも話そうとする

メンタル力が中国語力のになるんです。

 

かといって、

 

私は別に体育会系ではないですが笑、

 

でも、

「試合の場」、「トライの場」から

得られるものはすごく大きい!

 

私の場合は、

留学先の北京で

ホームステイしていた中国人の家族が

まさに私にとっての「トライの場」でした。

 

どんな私であっても許し、

広い心で受け入れてくれた。

 

だから、

 

今でも本当に感謝しています^^

 

つまづいても

凹んでも傷ついても

慰め、そして勇気付けてくれる!

 

そんな場を私も作っていきたい、

そして、自信を持って堂々と

自由に中国語でコミュニケーション

出来る日本人を増やしたい、

 

心からそう思っています。

 

中国語コーチングにご興味ある方は、

ぜひ体験セッションを受けてみてください。

 

ただいま無料で受付中です。

 

詳細はこちら

 

それでは、今日も最後まで

ありがとうございました^^