こんにちは。

 

中国語コーチの笠島稚子です。

 

では今日も本題に入っていきます。

 

私は中国語をマスターする上で、
本当に大事なのは、実は中国語の知識だ
と思っていないんです。

もしかしたら「えっ!?」と
お思いかもしれません。

でも、本当にそうなんです。

いくら知識があっても、
話せないという方は沢山いらっしゃいます。

例えば、中国語検定1級、HSK6級を
持っていても話せない・・という方だったり。

 

確かにその方たちはそれまでの努力が
あったからこそ資格が取得できた訳ですから、


努力して資格を取ったことを全く責める
つもりはありません。

むしろ、努力したということは
褒め称えるべきことですよね^^

でもその影に隠れて、
「話せない」という事実はある訳です。。

 

今多くの方が
中国語を話せるようになりたい
と思っています。

じゃあ、簡単に一言で
話せるようになるには、中国語力をUPさせる
にはどうしたらいいのでしょうか?

 

それはズバリ、
「習慣化」です。

 

例えば、
中国語力をUPさせたいなら、
毎日中国語学習をする習慣を作り、

話せるようになりたいなら、
毎日中国語を口から出す習慣を作ることです。

 

なぜ中国語力をUPさせるのに、
「習慣化」が必要なのか。

 

それは実に中国語コーチングに
お申し込み下さる方の9割が、

お申し込み前に、
「一人ではなかなか勉強が進まない・・」
「一人でどうやったらいいのか分からない・・」
「やったりやらなかったりしてしまう・・」

というお悩みがあったからなんです。

 

でも、確かにそうですよね。

語学学習というのは基本的に
一人で取り組むものですが、

たった1週間に1回や2回のレッスンを
受けただけでは、中国語の力はつきません。

でも、多くの方がそれで力がついた
と思って、スクールに通う8割もの方が、
家では全く中国語学習をしないという
衝撃データもあるのです。

 

「毎日与えられたやるべき課題を
淡々とこなしていく。」

この超当たり前のことが
今出来ずに悩んでいるという方が
とーっても多いんですね。

 

でも、シンプルに考えたら

とっても簡単なことなんです。

 

だって寝る前に歯磨きをするのは

すでに無意識に行動習慣が出来て

いますよね!?

 

だからそうやって歯磨きをするように

中国語学習も無意識に出来てしまう

ようにすればいいんです^^

 

じゃあ、どうやったら

ついつい中国語学習ができてしまう

習慣化が可能なのか、については、

 

更に本日の夜9時配信の

メルマガで詳しく書いています!

 

興味のある方はぜひご登録

くださいね。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

今日も最後まで

ありがとうございました!