こんにちは。

 

中国語コーチの笠島稚子です。

 

 

さて、今日は時間の表現について

お伝えしていきますが、

 

時間の表現というのは

タイプが2つあるのはご存知でしたか?

 

1つ目は、

時刻(点)を表す表現。

 

2つ目は、

時間の長さ(線)を表す表現。

 

同じ時間の表現でも、

「点」を表すのか、それとも

「線」を表す表現なのかで、

 

センテンスの中で置く

位置が異なるんですね。

 

これはどこの文法書にも載っておらず、

私自身がシンプルに理解しやすくする

ために考えた覚え方なので、

 

文法的にどうだとか

言語学者ではないので、

正直わからないですが笑。

 

覚えるにはこういった

覚え方がオススメです!

 

ぜひ参考にしてみてください^^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【’時刻を置く位置’について】

 

◉「時刻」(点)と「時間の長さ」(線)は

センテンスの中で置く位置が異なります。

どういった違いがあるのでしょうか?

 

一緒に見ていきましょう!

 

①動詞述語文で代表されるのは、SVOですが、

そこに「時刻」を表す表現を入れる場合は、

必ず『動詞の前』に置く必要があります。

 

時刻は【点】で表すことが出来るので、

点の表現の場合は全て、『動詞の前』と覚えましょう!

 

【S+「時刻」+V+O】

例)

・我每天早上八点起床。

Wo3 mei3tian1 zao3shang ba1dian3 qi3chuang2.

(私は毎日朝8時に起きます。)

 

・我的朋友每天都要加班。

Wo3 de peng2you2 mei3tian1 dou1 yao4 jia1ban1.

(私の友達は毎日残業があります。)

 

・她们每个星期天在公园做瑜伽。

Ta1men mei3ge xing1qi1tian1 zai4 gong1yuan2 zuo4 yu2jia1.

(彼女たちは毎週日曜に公園でヨガをしています。)

 

②今度は、動詞述語文に「時間の長さ」を

表す表現を置く時ですが、

必ず『動詞の後ろ』に置きます。

 

時間の長さは【線】と捉えることが出来る

と思いますので、線の表現の場合は全て、

『動詞の後ろ』と覚えましょう!

 

【S+V+「時間の長さ」+O】

例)

・我们休息十分钟。

Wo3men xiu1xi shi2 fen1 zhong1.

(私たちは10分間休憩しましょう。)

 

・我出差三个月。

Wo3 chu1chai1 san1 ge yue4.

(私は3ヶ月出張に行きます。)

 

・我星期天看两个小时电视。

Wo3 xing1qi1tian1 kan4 liang3 ge xiao3shi2 dian4shi4.

(私は日曜に2時間テレビを見ます。)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いかがでしたでしょうか?

 

私の生徒さんでも

意外と間違える人が多い、

この時間の表現。

 

使う頻度がものすごく高いのに、

ゴッチャに考えてしまう人が

本当に多いです。

 

ですので、

 

ぜひあなたもここで一旦整理して

シンプルに会話を瞬時に組み立てられる

ようになるといいですね^^

 

 

それでは、今日も最後まで

ありがとうございました!