こんにちは。

 

中国語コーチの笠島稚子です。



さて、中国語コーチングには、
中国語検定やHSKに受験すること
が前提のコースがあります。


(もちろん受験だけじゃなく、
合格することが前提ですよ^^)



というのも、忙しい社会人にとって
まず数ヶ月~数年中国語をやってから、
中国語検定やHSKを受験するでは、
正直時間がかかりすぎるからです。

 

時間をかけすぎることで、あなたの
夢や目標がブレる可能性は’大’になります。

 

あなたもひょっとしてそんな
中国語学習をしてないでしょうか?



ドキッとされた方、
気をつけてくださいね^^

 

ちなみに私が中国語スクールに
通っていた時は、通うことで、
頑張ってるから、そのうち出来る
ようになるだろう!と思って、

 

変な満足で自分を満たし苦笑、
正直中国語力とは全く関係ない時代
がありました。。。


私は過去の自分のそういった苦い
経験も踏まえ、

 

中国語検定やHSKを前提として、
それに合格した上で、会話力をUPして
いくのが効率的なのでは?と思っています。

 

つまりインプットとして、
中国語検定&HSK合格のための勉強をし、
アウトプットとして、中国語検定&HSK
の問題を解いて受験したり、会話練習を
するということになります。

 


事実、正しいインプットがなければ、
正しいアウトプットもありません。

 

それは、経営の神様「ドラッカー」が
アウトプットを意識した勉強法を
ススメていることからもその重要性が
分かります。

 

インプットとして中国語検定やHSKに合格し、
自分の中国語力が客観的に証明されたことで、
自信を持って堂々と会話練習(アウトプット)
にも望めるはずですよね^^

 


ですので、あなたも勉強をするなら
ぜひアウトプットの場(実践の場)を
用意してから、インプットをすること
をオススメします^^

 

中国語で結果を出すことにフォーカス
していきましょう。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!