こんにちは。

 

中国語コーチの笠島稚子です。

 

さて、先日生徒さんから

こんなメッセージが届きました。

 

「笠島先生も以前完璧主義者だったと

おっしゃってましたよね!?それって

どの様にして変わられたのですか(>_<)

 

どうも、私はそれが邪魔をしてしまうみたい

で悩んでます。ダメだと思ってても結局、

いつもと一緒!?」

 

今日は先に結論から言いましょう^^

 

もしあなたが短期間に効率的に中国語を

マスターしたいと願うなら、

 

あなたが【完璧主義】を卒業しない限り、

中国語を話せるようにはなりません。

 

なぜなら、

 

ここでちょっと私の経験をお伝えすると、

 

私がちょうど中国語を学び始めの頃は、

英語学習に挫折して、中国語なら頑張れるかも

なんて期待を抱いてスタートしたので、

それはそれは一生懸命に勉強しました!笑

 

でもその頃は今の時代と違って

自分の中国語力をはかるものが、

「テストの点数」と

 

たまに会って教えてくれる、

「ネイティブの先生」しか

いなかったので、

 

その2つの指標を信じるしか方法が

なかった訳なんです。

 

それで私もいつしか完璧主義に

陥ることになってしまいました。

 

私の場合は、

語順を間違えてしまってネイティブに

「はぁ?」という顔をされるのが

すごくすごく恐かった・・・

 

だから口から中国語を出す前に

語順が完璧な文章を用意をしないと

話せない、という負のループに陥り、

 

中国語を話すチャンスを見す見す

逃してしまっていたという時期が

とっても長かったのです。

 

愛嬌だけはその頃からあったので、

笑顔でカバーしようと、無理やり

笑顔を振りまいていましたが、

 

心の中では周りのネイティブの会話に

全くついていけず本当に辛い思いを

しました。

 

今振り返ると、

中国人は別に言い間違えることを

そんなに気にしていなかったのです。

 

「間違える」ことがこんなに恐く

感じてしまうのは日本人だけなんだと、

後から知ったのです。

 

だから、中国語を学びながら、

トライ&エラーで敢えて間違う経験を

積みながらの方が、最短でマスター出来る

のですね。

 

だからこれをお読みのあなたも

まずは1日も早く完璧主義から卒業して

実際に「話す」という行動を取ること

をオススメしたいと思います。

 

人は経験からの方が学びが加速します。

 

そして、間違いから気づきを得た方が

より良い方向に軌道修正できるのです。

 

まずは

「脱完璧主義!」

 

これを意識してもらえたらなと思います。

 

今日も最後までお読み頂き

ありがとうございました。